読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016/2/24(水)カズオ・イシグロ『日の名残り』

カズオ・イシグロ『日の名残り』(土屋政雄 訳)を読了した。 とても美しい物語だった。 こういうものに出会えると、読書っていいなぁと思える。 物語のどの時点においても退屈するということが全くなく、とても読みやすい。 抑制のきいた静かな物語と文章が…

【読書】立松和平『聖豚公伝』を読んだ。

養豚を題材とする小説です。 文章は読みやすく、ストーリーも面白いので、読了するのに時間はかかりません。 深い読後感が残ります。おすすめです。 あらすじ 両親が離婚した六平は養豚業を営む祖父、哲二に引き取られ、幼稚園に通っている頃から豚と暮らし…

【読書】中村文則『土の中の子供』を読んだ。

この物語のように虐待とまではいかなくても、親に恐怖で精神を支配され続けるという人はそれなりにいると思う。 それは、直接的な支配であったり、あるいは恐怖の記憶が自分を縛り付けるということもあるだろう。 作中に、 「ねえ、どうして自分より弱いもの…