2016/7/11(月)

『ジェネラティブ・アート Processingによる実践ガイド』 という本を読んでいると、「Wave Clock」というプログラムが載っており、 ゆらゆらと線が動くさまが面白かった(上のもの)。

アイディアは実に単純なのに、面白いなあ。

このゆらゆらを出すために「パーリンノイズ」というものが使われており、 どういう計算をしているかちょっと調べてみると、これもけっこう単純そう。

ちゃんと理解して、数学ブログに書いてみたい。