読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016/8/6(土)

日記

精神に負荷がかかると、過去の嫌なことが押し寄せてきて、何もできなくなる。 しばらく何もしないでいると、また数学の議論を追えるようになる。

数年引きこもってだいぶよくなった。

自分の意思を通して生きなかったことが根底にあるように思う。 成人して親元を離れてからも、「いい子」すぎると言われることがあった。

「いい子」とは大人にとって都合のよい子供ということである。 僕は何故か、自分の意思よりも他人の意思を優先して生きてきた。

なにかそんなところに問題の根幹があるように思うのであるが、 しかし、あまり過去のことを考えても仕方ないかなという気持ちになっている。

もう1回死んだのだ。 また最初からやり直せばいい。